【葬儀の基本知識】火葬式(直葬)について

火葬式とは?

火葬式とは?の写真

葬儀は少し前までは多くの弔問客が参列し、規模が大きくなることが一般的でした。
そして現在はより自由に葬儀のスタイルが選べる時代となっており、お別れ会という形で行われることもありますし、家族やごく親しい親族や友人だけが参列する、より小規模な家族葬が選ばれることも多くなりました。
宗教観が変化し、宗教や宗派にとらわれない式にしたいという人もありますし、亡くなった方が高齢者の場合は、参列者も高齢であることも多く、その負担を減らすために、より簡易に行われることも増えています。
さらに、あまり費用を掛けられないという金銭的な事情がある人もありますし、できるだけ簡素にしたいと考える人も増えたこともあり、火葬だけで故人を贈る火葬式が行われることも珍しくなくなりました。
特にシンプルなスタイルで直葬とも呼ばれており、一般的なお葬式との違いは参列者が家族のみなど少人数で行われること、通夜や葬儀、告別式を行わないということがあげられます。
それゆえ、一般的なお葬式と比べると時間はかなり短縮されていますし、費用の負担が少ないなどの特徴があります。
特にシンプルなスタイルと言えますが、いきなり火葬を行うという訳ではなく、納棺の儀式やお別れの儀式が行われることが多いですし、お別れ花や遺影も用意されます。
さらに希望すれば僧侶に読経を上げてもらうこともできます。
業者によりスタイルも違ってきますので、まずは内容をよく確認しておきましょう。

心に残る家族葬・火葬式をしたいなら茨城県にある葬儀社グランドセレモニーが大変人気です。
茨城での葬儀はグランドセレモニーのHP