【葬儀の基本知識】火葬式(直葬)について

トラブルを防ぐ工夫

トラブルを防ぐ工夫の写真

遺産分割をめぐるトラブルを回避するためにはいくつかの工夫が必要となります。
やはり最初に正確な知識を持って冷静に対応することが肝心です。
感情的なもつれも冷静になって論理的に考えてみれば、多少の譲歩で円滑におさまる解決策が見つかる場合も多いものです。
また遺産分割に関してのある程度の予備知識があれば、たとえば現物分割のほかにも代償分割や換価分割などといった、金額面での不公平がもたらすトラブルを解消できる手段があることがわかるはずです。
ほかには早い段階から弁護士のような法律問題のプロに依頼をしておくことも考えられます。
弁護士といえば裁判の代理人としてのイメージが強いものですが、法律問題に関しては何でも守備範囲として引き受けられるだけの資格と力量を持っています。
そのため相続人調査や相続財産調査などを代行してもらい、相続人自身の手間をできるだけ避けるという意味でも活用することができます。
ただし依頼にあたって報酬などの費用がかかりますので、正式契約前に法律相談を受けて、個人の力で可能な部分についてのアドバイスは受けておいてもよいでしょう。
相続人同士のトラブルに対して、弁護士に第三者的な目線からアドバイスをしてもらったり、依頼者に代わって他の相続人と交渉をしてもらうことなども可能です。
特に身内同士のトラブルには冷静な第三者を調整役として投入したほうが、解決のためによりよい結果を生み出すことがあります。
その意味でも弁護士というのは適役であり、オールラウンドな活躍が期待できます。