【葬儀の基本知識】火葬式(直葬)について

火葬式のメリット

火葬式のメリットの写真

お葬式となると、費用の問題もありますし、精神的、肉体的な負担もい決して少なくありません。
特に高齢者となると、あまり多くの費用が掛けられないという悩みも出てきますし、体力的な面から長時間の対応が難しくなることも多いものです。
火葬式を行うメリットも知っておきたいですが、まず一般的な葬儀に比べて費用が大きく抑えられることがあげられます。
通夜や告別式が行われませんし祭壇も必要ありませんので費用の負担は特に少ないと言えます。
そして参列する人も極限られていますので接待の費用も発生しません。
一般的な葬儀では香典を受け取ると香典返しも必要となりますが、火葬や直葬では香典がありませんので、香典返しを用意する手間もなくなります。
葬儀となると参列者への対応に追われることとなりますが、そうした対応に追われることもありませんので、遺族の精神的な負担もかなり抑えられることとなります。
一般的なお葬式では通夜、葬儀、告別式を行うので2日間が必要で、その後に火葬場に移動しますが、式場での葬儀の準備もありませんし、スタッフの打ち合わせも短く済ませることができます。
時間も大きく短縮されていますので、高齢者の遺族がいる場合などはその負担もかなり抑えられることとなります。
そして読経などを行わない場合はお布施の発生もありません。
できるだけシンプルに送りたいと考えている場合や、葬儀にお金を掛けられないという場合には最適なスタイルと言えるでしょう。