【葬儀の基本知識】火葬式(直葬)について

火葬式のデメリット

火葬式のデメリットの写真

費用が安く抑えられる、精神的、体力的な負担が少ない火葬式には多くのメリットもありますが、デメリットも全くないという訳ではありませんので、実際に行うまでにはデメリットも理解しておくことが大切です。
まず、菩提寺とお付き合いがある場合にこうした葬儀を行った場合は菩提寺にあるお墓に納骨できない可能性があります。
多くの菩提寺では読経を行わない葬儀は認めていませんので、後でトラブルにならないよう事前に確認しておくことがおすすめです。
読経を行ってもらう、改めて宗教儀礼を行うことで納骨が認めてもらえる場合もありますので相談してみましょう。
そして、時間が短く抑えられるのも火葬式のメリットですが、時間が短いために送った気がしない、実感がわかないと感じる可能性もあります。
それから親族以外の人がお別れの時間を持つことができないので、場合によっては知人や友人から反感を持たれてしまう可能性もないとは言えません。
そうしたことを避けるためにも、知人や友人には直葬で行うということはきちんと伝えておきたいところです。
一般的には家族や親族のみで行いますので故人の友人や知人は参列は行いません。
葬儀が終わったあとに友人や知人、近隣の住民が弔問に訪れる場合もありますのでその対応は必要となります。
新しい葬儀のスタイルだからこそ、わからないこともありますので、デメリットをできるだけ少なくするためにも信頼できる良い業者を選んでおくことも大事です。