【葬儀の基本知識】火葬式(直葬)について

火葬式にプラスアルファするなら

火葬式にプラスアルファするならの写真

火葬式はシンプルで短時間が終わることができるのがメリットですが、それだけでは物足りなさを感じること可能性もあります。
一番シンプルなスタイルを選ぶこともできますが、さらにオリジナリティのある式にすることも可能です。
葬儀のあとで後悔を残したくない、より心のこもった良い葬儀にするのであれば、プラスアルファも考えてみましょう。
とはいえ、オプションをつけると費用が高くなってしまう可能性もありますので、良く考えて良いプランを選びたいところです。
まず、お別れの時間が短すぎると感じる場合は出棺式を行えばより長くお別れの時間を持つことができ、思い出を語り合うなどより故人を偲ぶことができるようになります。
出棺式で式場を利用することもできますが、この場合は式場の使用料も追加されます。
この他では菩提寺の許可が下りれば火葬前に読経を行ってもらうこともできますし、菩提寺とのお付き合いがないという場合も葬儀社から手配してもらうこともできます。
さらに戒名をつけたい場合はその依頼も可能です。
火葬中はロビーや控室で待機を行うこととなりますが、その間に料理を用意できる場合もありますし、会葬返礼品を用意したいという場合はそれも依頼することができます。
葬儀社が提案するプランの中には食事や会葬返礼品の費用は含まれていませんので、まずは相談を行い、プラスアルファをつけると総額でいくらになるのかは良く確認して最適なプランを選んでいきましょう。